借金解決のためにやる事・やってはいけない事

キャッシングを利用する際、自身の収入や生活環境を考えた上で返済プランを立てますよね。
しかし、想定外のトラブルにより、予定していた返済プラン通りに支払えなくなってしまう事もあるでしょう。

たとえば、病気や怪我で働けなくなるとか、倒産・リストラなどの理由で失職してしまうケース。
前者の場合は傷病手当が支給される可能性があるので、まだ諦めるには早いでしょう。
しかし、失職して完全に収入が途絶えてしまうと、もう返済どころじゃなくなってしまいますね。
もし、失職の事実が業者側にバレてしまうとどうなるか……言うまでもありません。
あ、昔のドラマであったような強引な取り立てはないので安心してください。
というか、されたらすぐに警察に通報しましょう。犯罪行為ですので。

借金返済を苦に夜逃げしてしまったり、酷い場合には借金から逃れたいあまり、自ら命を絶ってしまう(時には一家心中)事もありますが、これらは絶対にやってはいけない行為です。
自分の人生を捨てなくても、借金を合法的に解決する方法は存在します。
それが、「債務整理」「個人再生」「自己破産」などの法的手続きです。

photo

法律に関する知識がない人には、どれが何なのかさっぱりわからないでしょう。
大丈夫です。私も詳細を知っているわけではありませんから(笑)
でも、これらの手続きを行う際、弁護士など法律の専門家のアドバイスを受ける事ができるので、安心して利用できます。
専門家に相談するためには高額の費用がかかるという印象がありますが、今は無料相談を実施している法律事務所がたくさんあります。
その中から自分の波長に合う専門家を見つけるのは大変でしょうけど、よほど悪質な人物でもない限り、ちゃんと法律に従った対処方法を教えてくれますよ。

実は、過去にとてもお世話になった方が債務整理の経験をお持ちで、その時の事を話してくださるんです。
弁護士の探し方はこうだとか、必要な書類の作成方法だとか、費用はいくらかかるかとか。
もちろん、そうならないよう心がけるに越した事はないのですが、覚えておいて損はないですよね。